禁遅刻欠席。評定のルール

東寺の中に成立した僧侶の組織は、それぞれ自治的な運営をしていて、重要なことがらはすべて評定(ひょうじょう)という会議で決めていました。百合文書からは、組織の主要メンバーである供僧(くそう)たちが評定に臨む姿をみることができます。

Continue reading 禁遅刻欠席。評定のルール

500年前の文書も…中世東寺の文書管理

コ函14号 宝蔵破損文書等所出日記
コ函14号「宝蔵破損文書等所出日記」応永9(1402)年7月14日

上の文書は、室町時代の中ごろ、応永9(1402)年に修理する文書を宝蔵から取り出したときの記録です。6通と1結の文書が取り出されていて、そのなかには「聖宝別当補任官符」が含まれていました。聖宝(しょうぼう。醍醐寺を開いた僧です)が東寺の凡僧別当に補任されたのは延喜2(902)年のことですので、室町時代に500年も前の文書がきちんと残されていたことがわかります。さらに、将来のためそれを修理しようともしていたのです。

Continue reading 500年前の文書も…中世東寺の文書管理